村田京子のホームページ – blog

BLOG

ヴェローナから列車で1時間余りのところにヴェネツィアがあります。今回は、ジョルジュ・サンドと彼女の恋人アルフレッド・ド・ミュッセがヴェネツィアに旅をした時(「ヴェネツィアの恋」で有名で、映画にもなっています)、二人が泊まったダニエリホテルを訪れました。このホテルは14世紀末に建てられた総督邸をホテルに改造したもので、豪華なゴシック様式の館がそのまま残されています(今では5つ星デラックスホテル)。ロビーのシャンデリアが当時の面影を残していて、昔ながら雰囲気を保っています(写真左)。二人が泊まったのは2階の10号室。残念ながら客が入っているので内部は見せてもらえませんでしたが、ドアの前まで案内してもらいました。さらに、14世紀当時のままのサロンも見ることができました。最上階のテラスレストランから見たヴェネツィアの風景は絶景でした(写真右)。サンドたちも同じ光景を見たのだと思うと感激も倍増です!今回はヴェローナでのシンポジウムの合間にヴェネツィアに足を伸ばしたため、半日しか時間が取れず、あとはアカデミア美術館に寄り、ティツィアーノの聖母マリアの少女時代を描いた《聖母マリアの神殿奉献》(写真下左)を見るだけで時間切れとなりました。この作品は、バルザックが『村の司祭』で言及しているもので、女主人公ヴェロニックが幼い頃、この絵の聖母マリアに喩えられ、将来の美貌が約束されていたのが天然痘によって顔にあばたができて醜くなる筋書きとなっています(ただし、心から感動した時、真の愛情を抱いた時には昔の美貌が蘇るというもの)。他にもティントレットやベリーニなどヴェネツィア派の絵画が収容されていました。ヴェネツィアはすでにバカンス客で一杯で、水上バスも満杯、水路にはゴンドラが多く通り過ぎていました。次回は是非、ダニエリホテルに泊まって、ゆっくりヴェネツィアを満喫したいと思います。

Written on 7月 5th, 2015

ヴェローナ大学でのシンポジウムの折に、ヴェローナの町の観光をしました。まず、ヴェローナと言えばシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の舞台となったところで、「ジュリエッタの家」というのがあります(シェイクスピア自身はヴェローナに一度も来ていないようですが)。旧市街の中心、エルベ広場の近くの建物で、入口のアーチ型の壁にはぎっしり落書き(自分の名前と恋人の名前を書いてある)に覆われていました。その奥にジュリエッタの像(写真左)があり、その乳房に触れると恋愛が成就するそうで、多くの若者たちが列をなして像に触っていました。ロミオがよじ登ったバルコニーも一応ありますが、少し小さい気がしました。さらに町はずれには「ジュリエッタの墓」というのもあり、空の石柩がおいてありました(ただ、屋敷の雰囲気は花が咲き誇る中庭があってなかなかロマンチックでした)。次にカステルヴェッキオを訪れました。ここは14世紀に建てられたスカラ家の居城で、現在は14世紀~18世紀のヴェローナ派の絵画が展示されている美術館となっています。聖母子像がほとんどで、さすがカトリックの国イタリアだと関心しました。お城からは、のどかな風景が広がっていました(写真右)。

ヴェローナはさらに、アレーナ(紀元1世紀に建造された円形闘技場)で野外オペラが開催されるので有名で、ちょうどヴェローナ滞在中の土曜の晩に「アイーダ」(ヴェルディ作曲、フランコ・ゼフィッレリ演出)があり、見てきました。夜9時から上演の予定でしたが、8時頃から土砂降りの雷雨となり、果たして上演されるのか不安な面持ちでホテルで待機。幸い、雨は10時頃には止み、10時過ぎに開演となりました。観客席は雨でびしょぬれでしたが、劇場の方でタオルで拭いてまわる、といったこともなく、観客それぞれが椅子を拭いて座る、というものでした。観客も雨にも関わらず、華やかに着飾ってデコルテのロングドレスやスーツ姿の人も多く見受けられました。舞台装置は豪華で、エジプトを舞台とするこのオペラでは巨大なピラミッドにスフィンクス像(写真下)、ピラミッドの中心が開いて人物が登場、その人数も大勢でバレエも演じられ、とりわけ有名な第二幕の「凱旋行進曲」は圧巻でした。観客1万2千人の野外劇場でマイクなしにオペラの曲を歌うのは歌手にとっても大変なことだと思います(かの有名なマリア・カラスもこの劇場で歌うのを恐れたとか)。今回のアイーダ役の女性は細身の小柄な人で、ソプラノの声が少し弱い気がし、それに対して敵役のエジプト王の娘の方が衣装も豪華、メゾ・ソプラノの声がよく響いて主役より印象に残りました。ただ夜中12時を過ぎると冷え込みが厳しく、風邪を引きそうになったので、残りの第三幕、四幕は見ずにホテルに戻りました(オペラが終わったのは1時過ぎだったそうです)。次回は寒さ対策を十分して野外オペラに臨みたいと思います。

Written on 7月 5th, 2015

大阪で開催された第25回シャンソン研究会に出席しました。今回の研究発表は盛りだくさんで、高岡優希氏の「ジャン=ジャック・ゴールドマン―マイノリティーへの眼差し」、大岩昌子氏の「シャンソンに惹かれるのはなぜか―その動機付けに関する世代別考察」、青柳りさ氏の「ボードレールを歌う―朗読、クラシックからシャンソン、ボサノバまで」、加藤修滋氏の「日本のタンゴの母がシャンソンの母となった日」の4つの発表が、午後2時から6時まで80名ほどの大勢の聴衆の前で行われました。どの発表も興味深いものでしたが、とりわけ高岡氏のゴールドマン(写真)の社会派の一面をクローズ・アップした発表が印象に残りました。彼の父親がナチス時代に、ポーランドからフランスに亡命したユダヤ系移民であったこともあり(といってもゴールドマン自身はユダヤ教の宗教教育とは無縁で育ったそうですが)、ショアーの記憶を歌ったComme toi (『お前のように』)、セリーヌ・ディオンが歌って800万枚を越える売上げを記録したLa Mémoire d’Abraham(『アブラハムの記憶』)、またドイツ人の母を持ち、ドイツとの国境近くのロレーヌ地方で育った歌手パトリシア・カースに提供した曲 Une fille de l’est(『東から来た娘』)、さらには喜劇役者Colucheがホームレスなど極貧にあえぐ人たちにクリスマスシーズンに暖かい食事を提供するために組織した団体への寄付のためにゴールドマンたちが企画したチャリティーショーの曲Chansons Les restos du cœur(『心のレストラン』)などの紹介がありました。フランスでは伝統的に、作家や歌手など芸術家が社会参加をし、時には体制批判や貧しい人々への連帯の眼差し、人種を越えた融合、平和を願う気持ちを表わした作品が多く見られますが、ゴールドマンのような流行歌手がここまで社会派であったとは、知りませんでした。やはり、シャンソンは言葉(paroles)が重きをなす歌だということを改めて認識した次第です。それは、青柳氏の発表でも同様で、19世紀の詩人ボードレールの詩(『悪の華』)がいまだに様々な歌手が独自に歌い続けていることに感銘を受けました。

Written on 6月 7th, 2015

連休中に、家族で近くの和食料理店「浪漫」に食事をしに行きました。5月の献立は柏餅、ちまき(中はそれぞれ寿司飯に穴子の白焼き、麩を巻いたものが入っているという、凝ったもの)、ウドやわらびをつかった料理や、豆ご飯(えんどう豆を少しゆ