村田京子のホームページ – blog

BLOG

5月の連休に、大学時代の友人の送別会を兼ねて、大阪、肥後橋近くの大ビル内のレストランに食事に行きました。さすがに連休中ということもあり、大阪市内はいつもより車も人も少なく、夏のような日差しの中、淀屋橋から堂島川をゆっくり歩いて店に向かいました。川沿いの薔薇もこの陽気ですでに満開。建物内は、5月5日の子どもの日に合わせて色鮮やかなこいのぼり(写真左)と馬、変わったオブジェ(写真右)が陳列されていました。店は「ヴァリエ」というフレンチレストランで、料理はどれもおいしかったですが、特に前菜の「リー・ド・ヴォーのモリーユ茸ソース」と、メインの旬の愛媛産鯛(写真下左)が印象に残りました(肉料理のメインは「ビュルゴー鴨網焼き」)。デザートは2種、さらにコーヒーのおともに小菓子が出る、という贅沢なものでしたが、特に「マンゴプリン キンカンデコポンゼリー、ヨーグルトシャーベット」(写真下右)が見た目も涼しく、すっきりとした甘さで大満足でした。大学を卒業以来、~十年が経ちましたが、いまだに友達づきあいができているのをこれからも、大切にしていきたいと思っています。

Written on 5月 4th, 2015

好天も最後(翌日から雨の予報)ということで、昨日、京都にお花見に行ってきました。銀閣寺道から南禅寺まで疏水に沿って「哲学の道」を歩きましたが、桜は満開、観光客もぎっしりで、平日にも関わらず大勢の花見客で賑わっていました(写真左)。西田幾多郎が思索しながら歩いたと言う疏水沿いの道も、人で団子状態の混みようでした。円安ということもあり、外国人(英語や中国語、フランス語が飛び交っていました!)ツーリストも多く、国際色豊かでした。さすが京都だけあり、着物姿の女性もかなり見受けられました。沿道には和菓子屋の他にもクレープ屋さん、アイスクリーム屋さん、ビールを飲ませる店が軒を連ね、すっかり初夏の雰囲気でした(日中は半袖でもOK)。途中、丸々と太った猫がゆうゆうと日向ぼっこをしていて、多くのカメラを向けられても微動だにせず被写体になっていました(写真右)。南禅寺は拝観時間の後に着いたので残念ながら中を見れませんでしたが、どっしりした三門をくぐってきました。南禅寺を下がったところにある蹴上インクラインでは、ものすごい勢いの水が流れていて非常に迫力がありました!

夕食は烏丸御池のイタリアレストラン『オルト』で食べました。Orto(イタリア語で「菜園」の意味とか)と