村田京子のホームページ – blog

BLOG

3月14日に開催された「国際女性デー・シンポジウム」に参加しました。「日仏両国の男女平等法制を比較・検証を通して、男女平等を現実化するための条件は何か、法にどう実効性をもたせるか、男女平等政策を社会にどう浸透させるのかを考え」る、とポスターにあるように、まず、2014年8月にフランスで採択された「女性と男性の実質的平等のための法律」(Loi pour l’égalité réelle entre les femmes et les hommes)がどのような趣旨なのかを東北大学の糠塚先生が解説され、その女男平等政策の推進体制については独協大学の井上先生からお話がありました。さらに日本大学の松島先生、神尾先生がそれぞれ日本の男女平等関連法の紹介および男女平等政策の推進体制についてのご報告がありました。まず興味深いのは、フランスと日本で「男女」の順番が逆であること!です。フランスの法案では「女性と男性の平等」すなわち「女男平等」としているところ、日本では「男」が先にきて「男女平等」となっています。私たちも常日頃、「男女別」「男女平等」「男女間」といった表現に何の違和感も感じなかったのですが、確かになぜ「男」が先に来るのか、という疑問を抱かせる仕組みがフランスの法案名にあると思います。さらに「実質的 (réelle)」という言葉を法案のタイトルにわざわざ付け加えているのも、「法の下での平等」は長らくスローガンとして掲げられているにも関わらず、実質的には職業上も家庭内においても女性が男性と平等の立場になっていないケースが多く見られる、という現状を認識したものと言えます。その点では日本ではまだ行政において家事・育児を主に担うの女性で、男性はその「お手伝いをする」といった認識がいまだに残っていて、フランスと比べて「実質的平等」意識にはほど遠いと思います。しかし、一方で、日本国憲法や男女共同参画社会基本法など、日本では男女平等を推進するための法律が整備されているのに対し、フランスでは日本ほど法的な整備がなく、女性政策が組閣のたびに変わる、という状態で日本の方がフランスより先んじているそうです。ただし、公的領域(議員数など)でのパリテ(男女同数)の実現を目指すフランスでは、多くの女性大臣が出現し、政治的領域での女性の進出が目覚ましいのに対し、日本では女性議員や女性管理職の割合が世界的にも低いままに留まっているのは問題だと思います。日本でもパリテ政策を推進するといっても、「誰でも女性であればいい」というわけではなく、その分野に適した有能な女性を養成する仕組みがまず必要となってくると思います。第二部の「男女平等社会へ向けて」の討論では、内閣府男女共同参画局審議官なども加わって活発な意見が交わされました(ただ、時間の都合上、会場との活発な意見交換まで発展できなかったのは残念でした)。聴取者には男性も混じっていましたが、こうしたテーマに多くの男性が参加してくれることを願っています。

 

Written on 3月 16th, 2015

久しぶりにフランス映画「サンバ」を見に行きました。「サンバ」は世界中で大ヒットした「最強の二人 (Intouchables)」の監督エリック・トレダノおよびオリイエ・ナカシュ監督、主役も同じくオマール・シーという取り合わせ。今回は、セネガルからフランスに来て10年目の主人公が、レストランの皿洗いから料理人に採用されることが決まり、やっと滞在許可証(papier)がもらえると喜んだが、不許可の通知が来て、収容所送りとなる、という場面から始まる。移民を支援するボランティア団体で働くことになったアリス(シャルロット・ゲンズブール)との出会い、フランスで生きていくための彼の戦いと、大手の人材紹介会社の幹部として働き過ぎてバーンアウトしてしまい、生きる気力を失っていたアリスが彼との出会いによって笑顔を取り戻していく過程が描かれ、その中で二人の恋愛がゆっくり進展していく、という話になっています。危険な工事現場や高層ビルでの窓ふき、ゴミ収集所でのゴミの分別など、普通の人が嫌がる肉体労働は、こうした低賃金の不法労働者によって担われている現実、さらに10年間真面目に働いても「滞在許可証」がもらえない移民の厳しい現実、警察の一斉検挙を常に恐れてびくびくと生きていかざるを得ない彼らの現実がありのままに描かれていました。その中で、時にはくじけそうになりながらも、笑顔で生き抜くサンバや、「ブラジル移民」ウィルソン(実はアルジェリア人)の逞しさに心を打たれました。特に興味深かったのは、白人のホワイトカラーであるアリスと、不法滞在のアフリカ系移民という社会的に両極端の二人のうち、アリスの方が彼に強く惹かれていること(普通ならば、逆のバターンが多いのに)で、価値の転倒が見られること。また、車の中の二人の会話で、サンバが「ある女性に対して越えてはならない一線を越えてしまった」(収容所仲間の恋人と寝てしまったこと)と、自らを責める言葉を聞いて、自分への愛の告白だと勘違いしたアリスが彼への恋愛感情を打ち明ける場面で、サンバは相手が違うことを説明しながらも、Je vous apprécie beaucoupという言葉を何度も繰り返した場面が心に残りました。apprécierという言葉は「価値を高く評価する、尊重する」という意味で、サンバから見れば、彼女との社会的格差が大きすぎて恋愛の対象としては考えられない、ということがはっきりわかる場面であり、しかも、勘違いした彼女の心を傷つけてはいけない、という思いやりが感じられる場面です。二人の初めての出会いの場面で、強制送還されるかもわからない、せっぱつまった状態で相談に来ているサンバの方が、面接者のアリスの顔色の悪さに気づいてÇa va ?と聞いていることからも彼の優しさがわかります(字幕では「元気?」となっていましたが、「大丈夫?」という訳の方が適切でしょう)。最後にサンバが死んだコンゴ人のpapierを使ってパリで無事、料理人(しかも、国の警備隊 garde républiqueの厨房で働いているのは、かなり皮肉!)の仕事に就く、というのは本当に可能なのか、と不思議に思いました。あと、国外退去を命じるが、「強制退去」ではなく、1年間目立たずに生きていれば、滞在許可証の申請を改めてできる、という制度は、いかにもフランス的だと思いました。この映画を「なんばシネマズ」で見ましたが、席がゆったりして足元も広く、快適に映画を楽しむことができました。

Written on 1月 6th, 2015

11月最後の連休に、三井寺に紅葉を見に行った後、びわ湖ホールでバレエを見てきました。11月初旬の暖かさに恵まれ、三井寺も観光客で一杯でした。入ったのが仁王門からではなく、総門からだったので、順路とは逆方向で回りました。水観寺の前を通って長い階段を登り、観音堂へ。そして、通常は非公開の国宝建築物を特別公開しているというので、まずは勧学院へ。ここは室町時代の武家住宅の典型である「主殿造り」の様式を伝える貴重な書院だそうです。広縁に座って池泉式庭園を眺めると、日頃の喧騒から離れて落ち着いた気分になります。もう一つ、特別公開していたのが光浄院客殿で、狩野派の障壁画、特に金地着色で大松に滝図(写真左)が絢爛豪華でした。また、弁慶が比叡山まで引き摺り上げたという「弁慶の引き摺り鐘」や、霊泉の上の左甚五郎作の龍の彫刻など、見どころは沢山ありました。紅葉も美しく(写真右)、赤や黄色の色とりどりの小道を歩くと、秋の終わりを感じました。三井寺の総本堂である金堂(左下写真)は、桃山時代を代表する名建築とのこと。

三井寺で1時間半くらい過ごした後、電車で3駅目の「石場」で降りて、びわ湖ホールへ。びわ湖に面してロケーションに恵まれた劇場ですが、奈良からだと時間がかかり、交通が少し不便なところにあります。今回は、ボリショイ・バレエ団の《ドン・キホーテ》を見に行きました。ドン・キホーテとサンチョ・パンサはいわゆる狂言回しで、若い恋人たち(キトリとバジル)が主人公で、テンポの早い二人の踊りに加え、闘牛士とフラメンコダンサーの踊り、森の妖精の踊り、スペインの踊り、ジプシーの踊り、ボレロやグラン・パなど息つく暇もないほど華麗なダンスが続き、バレエを満喫できました。今回はキトリ(ドゥルシネア)役はクリスティーナ・クレトワ、バジルがセミョーン・チュージン、エスパーダ(闘牛士)がルスラン・スクヴォルツォフ、踊り子がアンジェーリーナ・カルポワでした。クレトワの踊りは本当に身が軽く、チュージンが高々と彼女を抱える場面でもふわっと宙に浮いている感じでした。チュージンは背はそれほど高くありませんが、ジャンプ力があり、エスパーダ役のスクヴォルツォフは格好よかったです。公演が終わると夜の8時で、一日動いたのでさすがに疲れましたが、充実した一日を過ごすことができました。

Written on 11月 24th, 2014