村田京子のホームページ – blog

BLOG

奈良の会員ホテル登大路ホテルで、「料理とワインと音楽に酔いしれる夕べ」の会があり、夫婦で参加しました。ホテルは近鉄奈良駅から奈良公園に向かい、徒歩5分のところですが、小さなプレートがあるだけで、見逃すところでした(さすが隠れ家的な会員ホテル!)。ロビーのソファに座ると、まずシャーベット状のシードル酒を頂きました。同じ仏文関係の大先輩柏木先生ご夫妻やそのお友達もいらしており、私たちの席は10人ほどの大きなテーブルでした。19時から、柏木先生の乾杯のごあいさつの後、シャンペン(J. Lassalle Cuvée Préférence Brut Premier-Cru N.V.)で乾杯した後は、 佐々木シェフが腕をふるったフランス料理がでてきました。まずは、「フォアグラのソテーと松茸のポテトパンケーキ」。フォアグラは柔らかく美味で、シャンペンと良くマッチしていました。ワインもソムリエが特別に選んだもので、「オマール海老とノルウェーサーモンのサラダ仕立て」には白ワイン(モレ・サン・ドゥニ2011)、「ドーヴァーソールのベルシー」―非常に身のしまった舌平目でした!―には赤ワイン(Volney Premier Cru Les Santenots 2004)。茶色のソースなので、赤ワインの方が合うそうです。特に「特選牛フィレ肉のアキテーヌ」の牛フィレは絶品!さらにその付け合わせのキノコ類はフランスでも高級なセップ茸やジロール茸も入っていて歯ごたえがあり、ソースとマッチしており、さらに赤ワイン(Château Pape Clément 1993)が絶妙なおいしさで、皆、感激していました。総勢28名で、マグナムボトルが3本空いたそうです。

料理の後は松村容子さんのフルートと、南城愛さんのハープ演奏で、曲はモーツァルト、ビゼー、バッハなどのクラシックもあれば、ピアソラの曲(ギター演奏の代わりにハープ演奏で、高価なハープの腹を叩く、という現代的なもので面白かったです)、なつかしいシャンソン(「さくらんぼうの実る頃」や「ばら色の人生」)、最後は日本の曲(「赤とんぼ」「荒城の月」)とヴァラエティに富んだものでした。モーツァルトに「フルートとハープのためのコンツェルト」があるのは知りませんでした。18世紀後半から19世紀まで生きたフランスのジャンリス伯爵夫人(後に国王となるルイ・フィリップの養育係)がハープの名手でしたが、モーツァルトの時代、社交界の女性たちが「芸事」としてハープを習っていたので、モーツァルトも作曲したのでしょう。ハープは47弦もあるそうで、非常に夢幻的な音色を聞かせてくれ、「荒城の月」は前回の生駒でもピアノ伴奏で聞きましたが、ハープだとさらに奥行きが拡がり、夢想を掻き立てられました。フルートとハープの組み合わせは一見、意外ですが、実際にはフルートの澄んだ音色がハープでさらに強まるような気がしました。少しワインを飲みすぎましたが、本当に楽しいひと時でした(右の写真は松村夫妻、ハープの南城さんと)。

Written on 9月 21st, 2014

都市美術館で開催されているバルテュス展に行ってきました。ピカソから「20世紀最後の巨匠」と言われたバルテュスはフランス、スイス、イタリアへと活動の拠点を動かす中で、彼独自の絵画世界を築きあげた画家です。特に、少女をモデルとした絵画が有名で、その代表作《美しき日々》(左図)などは鏡を持ち、そこに映った自分の顔を見ながらしどけなくソファに座っている少女の様子が描かれ、少女が大人の女の片鱗を見せ始める妖しげな魅力を放っています。猫が絵の中にしばしば描き込まれているのもバルテュスの特徴で、丸々と太った猫が少女の足元で餌を食べていたり、少女の座る椅子の背もたれに足をのせていたりしていますが、顔つきはひと癖ある(あまり可愛くない)表情を湛えています。猫が食卓で魚を食べている絵(右図)は、魚料理のレストランの看板とのこと。女の子はアンリ・マティスの娘がモデルだそうです。スイスで最大の木造建築と言われる「グラン・シャレ」のアトリエも展覧会場で再現され、日本人の奥さん(節子夫人)がいることもあって、バルテュスの着物、袴姿の写真もあり、着物姿もなかなか似合っていました。夕食は祇園近くの「丹くろ」というところで和風料理に丹波ワインを満喫しました。

Written on 8月 3rd, 2014

知り合いの松村容子さんのフルートコンサートに行きました。生駒の北コミュニティセンターは富雄駅からも少し遠いところにありますが、広いなかなか素敵な会館でした。バッハ、グルック、モーツァルトなどの古典派からビゼー、ドップラー、パガニーニといったロマン派、さらにフォーレやドヴィッシー、ピアソラなどの20世紀の現代音楽と様々な曲(その代表作)をフルートで演奏、演奏の合間に松村さんのわかりやすい解説が入る、という楽しいコンサートでした。バッハの頃の組曲は舞曲(ドイツ舞曲、フランス舞曲など国別)が組み合わさったもので、フランス舞曲はブーレという踊りだというお話を聞き、ジョルジュ・サンドの『愛の妖精』で、ファデットがランドリーに要求するのが村の祭りでブーレを7回踊ることであった、というのを思い出しました。また、グルックの名前は19世紀フランス文学によく出てきますが、彼がマリー・アントワネットの音楽の教師を務め、アントワネットがフランスに来る時に同行し、パリでオペラを演じるようになった、というのは知りませんでした。19世紀前半は、イタリア人のロッシーニ、ポーランド人のショパン、ハンガリー人のリストといったヨーロッパ中の音楽家がパリに集まってきた時代ですが、イタリア人のパガニーニもその一人で、その超絶技巧は「悪魔が乗り移ったような」とさえ言われるほどで、今日の演目にある「カプリース(狂詩曲)」はまさにその典型と言えるでしょう。ドップラーの「ハンガリー田園幻想曲」に関しては、ハンガリーと日本の多くの共通点(特に音階)の説明があり、日本の「追分」などの民謡とハンガリー民謡の類似をフルートで弾いてもらい、非常によくわかりました(尺八を彷彿とさせる音色に聞こえました)。最後に日本の歌曲(「荒城の月」「ふるさと」「浜辺の歌」)の演奏があり、「浜辺の歌」は皆で合唱し、大いに盛り上がりました。単に演奏のみを聞くよりも、こうしたレクチャーコンサートは、非常に勉強になり、音楽がより身近になったような気がします。市の催しなので、500円の入場料で、市民が気軽に参加できるこうした催しが増えることを願っています。

Written on 7月 27th, 2014

奈良女子大学でのマルチーヌ・リード先生の講演会(5月20日)の後、奈良女の院生さん、私が指導している府大の学生さん、「女性作家を読む会」のメンバーおよび奈良女の先生(高岡先生、三野先生など)たちと、リード先生とで大学生協のテラスでお茶の時間を持ちました。あいにく、天気は曇りから雨に変わり、少し肌寒い感じでしたが、話は尽きず、賑やかに楽しく過ごすことができました。リード先生も初めての日本滞在を楽しんでおられるようです。明日は奈良見物の予定で、東大寺の大仏などを見て回られるそうです。鹿たちも、大学構内まで入ってきていて、テラスにも顔を出していました。

Written on 5月 21st, 2014

4月13日(日)に、友人の川邊堤さんの書展を奈良の「ギャラリー勇斎」まで見に行きました。堤さんの書は「創作書道」と言えるもので、漢字をベースにしながらも、自由に筆を