村田京子のホームページ – 著書

著書

 本書は、バルザック生誕200年、没後150年の記念として日本バルザック研究会によって企画されたもので、日本での最新の研究成果をまとめた、フランス語論文集となっている。

目次(Table des Matières)

【担当部分】

●Kyoko MURATA : « Le “pacte angéliquedans La Comédie humaine » (pp.62-86)

Dans l’univers réaliste de La Comédie humaine, il y a beaucoup d’œuvres qui s’articulent autour du contrat : romans d’affaires tels que César Birotteau, La Maison Nucingen, et L’Illustre Gaudissart, ou romans juridiques tels que Gobseck, L’Interdiction, Le Colonel Chabert, et Le Contrat de mariage. D’autre part, dans l’univers fantastique de Balzac, le thème du pacte avec le diable apparaît dans Le Centenaire, La Peau de chagrin, et Melmoth réconcilié.

Ce qui attire le plus notre attention, c’est que dans certaines circonstances, Balzac se sert du terme « pacte » dans un sens complètement différent du pacte diabolique, tout en l’opposant nettement au « contrat ». Le pacte se présente alors sous une lumière céleste, réalisant l’idéal que conçoit l’auteur lui-même. Notre étude examine en détail cette notion du pacte, que nous appelons “pacte angélique”, en la mettant en rapport avec le pacte diabolique, aussi bien qu’avec le contrat.

著書(共著)

本書は、「近代小説の祖」バルザックの生誕200年の記念として、日本のバルザック研究者36名が総力を結集して書いた研究論文集となっている。
「『人間喜劇』の世界は広大で、主題はエロスの欲望から歴史の謎にいたり、作者は社会を批判し、宗教を論じ、宇宙を考察している。あい応ずるごとく、本書で扱われた主題もじつに多様、かつ広汎である。バルザックの作品を対象としつつ、時間論、都市論、経済学、異国趣味、芸術論、語法論など、あらゆる分野のさまざまな問題が論じられているさまは、じつに壮観であり、刺激的である。本書は、わが国バルザック研究史の重要な一里塚となるに違いない。」(高山鉄男「まえがき」より)

目次(pdfファイル)

【担当部分】

●村田京子「寓意としての「娼婦」―『知られざる傑作』を中心に―」(pp.115-127)
バルザックの『知られざる傑作』は、1831年に『アルティスト』紙に掲載されて以来、版を重ねるごとに様々な加筆修正がなされてきた。そのうち、重要な修正点として次の2点があげられる。①1837年版で絵画に関する専門用語が大幅に加筆され、本格的に芸術をテーマとする小説となったこと。②1846年の決定稿で、フレノフェールの「知られざる傑作」《カトリーヌ・レスコー》が新たに「ベル・ノワズーズと呼ばれる美しき娼婦」と呼ばれるようになったこと。では一体なぜ、1846年というバルザック晩年の時期になって突然、「娼婦」が出現したのだろうか。バルザックが「娼婦」という言葉に託した真意は何だったのか。『人間喜劇』全体を視野に入れながら、『知られざる傑作』を中心に、この問題に焦点を絞ってジェンダーの視点から検証した。

著書(共著)

総頁数272頁

目次(pdfファイル)

【概要】

フランスにおいて、真の職業作家が誕生したのは大革命以降の19世紀になってからである。普通教育の普及や印刷術の発達によって、文学が一般大衆にとって身近なものとなり、作家は筆一本で身を立てることができるようになった。女性作家も同様で、18世紀までは、文学の担い手は貴族または裕福なブルジョワ階級の女性で、生活のためにペンを執ったわけではなかった。それに対して、19世紀の作家ジョルジュ・サンドは約90篇の小説、戯曲、旅行記などを出版して、その印税で大勢の家族を養った。

19世紀のフランス女性作家のうち、サンドとスタール夫人はロマン主義およびフェミニズム運動の先駆者として、日本でもよく知られている。しかし、この他にも数は少ないとはいえ、様々な階級の独創的な女性職業作家が誕生した。日本ではあまり知られていない、こうした女性作家たちを発掘し、彼女たちがどのような生き方をして、どのような作品を生み出したのか、その作品に反映されている女性の視点とはどのようなものかを探るのが、本書の狙いである。

本書ではまず、近代小説の祖バルザックの作品を軸に、男性中心であった19世紀文壇の実態をジェンダーの視点から浮き彫りにする。次に、国王ルイ・フィリップの養育掛を務めたジャンリス夫人、女性ジャーナリストの草分けであるデルフィーヌ・ド・ジラルダン、そして労働者階級出身で労働者階級の解放に身を捧げたフロラ・トリスタンに光を当て、「女がペンを執る時」とはどのような時なのかを明らかにする。出自も思想も様々な女性職業作家たちを扱う本書は、「女・文学・社会・労働」といった現在にも通用する普遍的なテーマを考える上でも、一つの足がかりとなろう。

【本書に関する書評】

『読書人』(2011年12月23日:高木勇夫氏)

日本フランス語フランス文学会書評:cahier No.9, 2012年3月pp.16-18(高岡尚子氏)

著書(単著)

総頁数350頁

目次(pdfファイル)

【概要】

19世紀フランス・ロマン主義文学において、クルチザンヌ(娼婦)の存在は重要な位置を占めている。とりわけ、アベ・プレヴォーの『マノン・レスコー』やデュマ・フィスの『椿姫』の主人公の名は、誰でも一度は耳にしたことがあるに違いない。こうした作品は、真実の愛に目覚めた娼婦が悔い改めて苦難の道を歩み、罪を贖って死ぬ恋愛物語として、読者に共感と同情の涙を誘ってきた。しかし、私たちはそれが男性の視点で描かれていることに気づかないことが多い。私たちは実は、男の主人公(または男性作家)の眼を通して、男の抱く理想の女性像をこれらの作品に見出し、そのイメージを共有していたのだ。

では、発想を転換して、女の視点、ジェンダーの観点から見ればどうなるだろうか。本書は、男性の視点に立った従来の解釈とは全く異なる立場から、文学作品を読み直そうとするものである。取り上げる作品は『マノン・レスコー』、『椿姫』の他にジョルジュ・サンドの『イジドラ』、バルザックの『マラナの女たち』『娼婦盛衰記』『従妹ベット』、ウージェーヌ・シューの『パリの秘密』、ヴィクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』など多岐に渡っている。

クルチザンヌが文学に登場する19世紀は、産業革命やブルジョワジーの台頭により、資本主義が確立した時代である。それは、すべてがお金に換算され、「女の肉体」も「商品」として男の手から手へと流通する時代の幕開けであった。このことはまさに、市場主義が推し進められた現代社会のルーツを成している。私たちの社会の原点である近代社会を描いたフランス・ロマン主義文学の世界に立ち戻って娼婦像を考察することは、現代の女性像の原点にさかのぼることでもあろう。現在、取りざたされることの多いジェンダーに基づく価値観(「男らしさ」「女らしさ」の概念)を考える上でも、本書は一つの足がかりとなろう。ロマン主義的クルチザンヌの分析を通じて、現代につながる諸問題を浮き彫りにするのが本書の狙いでもある。なお、本書は3.にあげた科学研究費補助金基盤研究「フランス・ロマン主義文学におけるクルチザンヌ像」の研究成果報告書に加筆・修正を施したものである。

【本書に関する書評】

日本フランス語フランス文学会書評(cahier):http://d.hatena.ne.jp/sjllfarchives/20080228

著書(単著)

平成14年度~平成16年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(2)研究成果報告書(総頁数144頁)

著書(単著)

Osaka Municipal Universities Press/Klincksieck (Paris), 2003(総頁数328頁)

目次(pdfファイル)

【概要】

本書は「近代小説の祖」と謳われるバルザックの作品に現れる「悪魔との契約」のテーマに注目し、その変遷を辿ったものである。19世紀のヨーロッパにおいて、ゲーテの『ファウスト』をはじめ、多くの文学作品(幻想文学)がこのテーマを扱ってきた。超自然的な存在が否定された合理主義の時代になぜこのテーマが流行したのであろうか? その答えとしては、逆説ながら、理性の時代であるが故に「悪魔」という表象が文学に現れたと言える。すなわち、それまで信じられてきた「奇跡」が「迷信」として退けられるようになったからこそ、不合理な出来事が生じた時に人々が受ける衝撃は大きく、不安が増す。こうした未知なものへの不安をいち早く捉えて言葉で表そうとしたのが文学作品であった。

本書第一部では、「幻想文学」のジャンルに入るバルザックの作品(『百歳の人』『あら皮』『和解したメルモス』)を取り上げている。そこではもはや従来の「悪魔との契約」(現世の富や知識欲の充足と引き換えに来世の魂を悪魔に売る)は成り立たず、現世の快楽と引き換えるのは、この世の命(寿命)である。その結果、短いが激しい情熱的な生を生きるか、機械的な生活をして長生きするかの二者択一を迫られ、「悪魔との契約」は近代の欲望哲学の表徴となる。また、『和解したメルモス』では、悪魔の超自然的な力も株式取引所で需要・供給の法則に従って売られ、その力を失っていく。「サタンの最後」と言えるが、その代わりに別な形で悪魔的な存在が描かれることになる。

第二部では、現実的な空間における「悪魔」、「悪魔との契約」が意味するものを明らかにしていく。『ゴリオ爺さん』に登場するヴォートランをはじめとする「悪魔的な人物」は全て、社会から疎外された存在で、社会の周縁から社会征服を目指す時、体制側から見れば「悪魔的」に映る。商業小説『セザール・ビロトー』では、古い伝統的な価値観を擁する主人公のビロトーから見れば、台頭し始めた資本主義的価値観の持ち主はすべて「悪魔的」である。『結婚契約』や『従妹ベット』では、家父長的な社会に異議申し立てを行う女性が「悪魔的」と捉えられている。このように、古い価値観から新しい価値観への移行期にあって、既成の秩序、思想体系を脅かす存在が「悪魔」とみなされている。

こうした「悪魔」、「悪魔との契約」のテーマはバルザックの時代だけではなく、政治的・社会的・経済的な変動期にある現代にもあてはまる問題を提起していると言えよう。

OMUP紹介記事(ニュースレター第9号)

【本書に関する書評】

Romantisme, No.125, 2005 (pdfファイル)

Nineteenth Century French Studies, vol. 33, 2005 (pdfファイル)

L’Année balzacienne 2005 (pdfファイル)

Revue d’histoire littéraire de la France, avril-Juin 2005 (pdfファイル)

著書(単著)

2 / 212

HOME | PROFILE | 研究活動 | 教育活動 | 講演会・シンポジウム | BLOG | 関連サイト   PAGE TOP

© 2012 村田京子のホームページ All Rights Reserved.
Entries (RSS)

Professor Murata's site