村田京子のホームページ – 研究発表

研究発表

「デルフィーヌ・ド・ジラルダンの生涯とその作品―「ロマン派のミューズ」からジャーナリストへ」
2007年度第1回女性学コロキウム(大阪府立大学女性学研究センター主催)、「文学とジェンダー、19世紀フランス・ロマン主義時代の女性作家たち」    大阪府立大学中百舌鳥キャンパス    2007年12月8日
「メタファーとしての図像」
日本フランス語フランス文学会2007年度春季大会、ワークショップ「人間喜劇という名の芸術工房」    明治大学    2007年5月19日
▶プログラム
「恋愛結婚と政略結婚の行く末―バルザック『二人の若妻の手記』―」
2006年度第3回女性学コロキウム(大阪府立大学女性学研究センター主催)、「文学とジェンダー フランス文学における恋愛、結婚、セクシュアリティ」    大阪府立大学中百舌鳥キャンパス    2006年12月9日
« Akiko Yosano et George Sand : leur lutte pour la liberté et l’indépendance »
France-Japon, cultures croisées, Colloque international et pluridisciplinaire de Cergy-Pontoise, organisé par l’Université de Cergy-Pontoise et de l’Université Préfectorale d’Osaka    à l’Université de Cergy-Pontoise (France)    20 septembre, 2006
▶「交叉する文化」報告
「バルザックの女性作家像」
第66回関西バルザック研究会    K.G.ハブスクエア大阪    2006年4月29日
「娼婦の文学的肖像―19世紀フランス文学における娼婦像―」
ジェンダー言語文化学ブロジェクト(奈良女子大学文学部言語文化学科)第1回シンポジウム「文学における女性の職業」    奈良女子大学    2005年12月8日
▶リンク
« La figure de la courtisane chez George Sand : Isidora »
Les héritages de George Sand aux XXe et XXIe siècles. Les arts et la politique, Colloque international organisé par la Société Japonaise des Études Sandiennes, à la Maison Franco-Japonaise    Tokyo    24 octobre 2004
▶「ジョルジュ・サンド生誕二百年記念シンポジウム」プログラム
「バルザック『マラナの女たち』におけるクルチザンヌ像」
日本フランス語フランス文学会2004年度春季大会    白百合女子大学    2004年5月29日
▶プログラム
« La structure symbolique du territoire dans Le Curé de village »
Balzac géographe territoires, Colloque international organisé par le Groupe International de Recherches Balzaciennes    à l’Université François Rabelais (Tours)    6 juin 2003
▶Colloque de Toursプログラム
「『村の司祭』におけるterritoireの象徴的構造」
第56回関西バルザック研究会    大阪市立大学文化センター    2002年8月31日
5 / 71234567

HOME | PROFILE | 研究活動 | 教育活動 | 講演会・シンポジウム | BLOG | 関連サイト   PAGE TOP

© 2012 村田京子のホームページ All Rights Reserved.
Entries (RSS)

Professor Murata's site