村田京子のホームページ – バルザック国際シンポジウム
バルザック国際シンポジウム
Balzac et la représentation de la Table
開催日: 2017年9月23日(土)10時~17時30分
場所 大阪府立大学 I-siteなんば
コーディネーター 鎌田隆行 信州大学准教授
《案内》「バルザックと食卓の表象」についての国際シンポジウムを開催します(詳細はプログラムをご参照下さい)。フランスからはMartine Reid リール大学教授、Nathalie Press ランス大学教授を招聘し、日本からは6人のバルザック研究者がフランス語での研究発表を行います。バルザックと食の関わりは強く、彼が牡蠣を何ダースも一度に食べたというエピソードがあるように、普段は大食漢ですが、小説の執筆(真夜中に行う)時にはほとんど食べず、コーヒーを何杯もがぶ飲みしながら一気呵成に筆を走らせた、というエピソードが有名です。バルザックの小説大系『人間喜劇』には、貧しい学生が通う安食堂から金持ちやダンディが通う流行のレストラン、銀行家が催す贅沢な宴会など、多様な食事の光景が描かれています。シンポジウムでは様々な観点からバルザックと食の関わりを浮き彫りにしていく予定です(私は『人間喜劇』における高級娼婦たちと食との密接な関係を見ていく予定です)。参加費は無料ですので、興味のある方は是非、ご来聴下さい。

なお、国際シンポジウム前日の9月22日(金)にもプライス先生の講演会 (タイトル:Balzac et l'illustration) が大阪大学で開催されます(詳細は案内ちらしをご参照下さい)。講演会にも奮ってご参加下さい。

HOME | PROFILE | 研究活動 | 教育活動 | 講演会・シンポジウム | BLOG | 関連サイト   PAGE TOP

© 2012 村田京子のホームページ All Rights Reserved.
Entries (RSS)

Professor Murata's site