村田京子のホームページ – Ⅰバルザックに関連する論文

Ⅰ.バルザックに関連する論文

「バルザック『ふくろう党』―― 革命、モード、ジェンダー ――」
『人間科学:大阪府立大学紀要』第14号    2019年3月    pp.3-30.
本文(PDFファイル)
「女性作家と「捨てられた女」のテーマ」
『女性学研究』第26号    2019年3月    pp.39-66.
本文(PDFファイル)
« La table des courtisanes dans La Comédie humaine »
L’Année balzacienne 2018, Troisième série t.19    2018年12月    pp.33-49
「19世紀フランス文学・絵画における両性具有的存在――「男らしさ」の観点から――」
『女性学講演会 第2部「文学とジェンダー」』第21期    2018年3月    pp.13-48.
本文(PDFファイル)
「『人間喜劇』における「娼婦の食卓」」
『人間科学:大阪府立大学紀要』第13号    2018年3月    pp.3-21.
本文(PDFファイル)
「「見られる女」と「見る女」―ジェンダーの視点から見た19世紀フランス文学と絵画」
『日韓シンポジウム「ジェンダー研究の現在」報告集』(大阪府立大学女性学研究センター)    2013年3月    pp.190-203.
「マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール『ある画家のアトリエ』―バルザックの絵画小説との比較研究―」
『人間科学:大阪府立大学紀要』8号    2013年3月    pp.3-39
本文(PDFファイル)
« Assimilation de l’esthétique du roman-feuilleton chez Balzac »
Balzac et alii, génétiques croisées. Histoires d’éditions, sous la direction de Takayuki Kamada et de Jacques Neefs, Actes du colloque international organisé par le GIRB les 3-5 juin 2010    2012年11月    pp.1-15
本文(PDFファイル) (http://balzac.cerilac.univ-paris-diderot.fr/balzacetalii.html)
「バルザックの作品における「宿命の女」像―『砂漠の情熱』から『従妹ベット』まで―」
『女性学研究』18号(大阪府立大学女性学研究センター)    2011年3月    pp.104-131.
本文(PDFファイル)
「『人間喜劇』における詩的風景としてのパリ―「地獄」のイメージをめぐって」
『人間科学 大阪府立大学紀要』6号    2011年2月    pp.3-21.
本文(PDFファイル)
1 / 41234

HOME | PROFILE | 研究活動 | 教育活動 | 講演会・シンポジウム | BLOG | 関連サイト   PAGE TOP

© 2012 村田京子のホームページ All Rights Reserved.
Entries (RSS)

Professor Murata's site