村田京子のホームページ – Ⅰバルザックに関連する論文

Ⅰ.バルザックに関連する論文

「「見られる女」と「見る女」―ジェンダーの視点から見た19世紀フランス文学と絵画」
『日韓シンポジウム「ジェンダー研究の現在」報告集』(大阪府立大学女性学研究センター)    2013年3月    pp.190-203.
「マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモール『ある画家のアトリエ』―バルザックの絵画小説との比較研究―」
『人間科学:大阪府立大学紀要』8号    2013年3月    pp.3-39
本文(PDFファイル)
« Assimilation de l’esthétique du roman-feuilleton chez Balzac »
Balzac et alii, génétiques croisées. Histoires d’éditions, sous la direction de Takayuki Kamada et de Jacques Neefs, Actes du colloque international organisé par le GIRB les 3-5 juin 2010    2012年11月    pp.1-15
本文(PDFファイル) (http://balzac.cerilac.univ-paris-diderot.fr/balzacetalii.html)
「バルザックの作品における「宿命の女」像―『砂漠の情熱』から『従妹ベット』まで―」
『女性学研究』18号(大阪府立大学女性学研究センター)    2011年3月    pp.104-131.
本文(PDFファイル)
「『人間喜劇』における詩的風景としてのパリ―「地獄」のイメージをめぐって」
『人間科学 大阪府立大学紀要』6号    2011年2月    pp.3-21.
本文(PDFファイル)
「バルザックとジロデ」
『日仏美術学会会報』29号    2010年7月    pp. 3-18.
フランス語レジュメ(PDFファイル)
「テオフィル・ゴーチエの『金羊毛』における絵画的表象―バルザック『知られざる傑作』との比較研究―」
『人間科学 大阪府立大学紀要』4号    2009年3月    pp.1-35.
本文(PDFファイル)
« Quelques réflexions sur le titre de La Rabouilleuse de Balzac »
Balzac, Flaubert, La genèse de l’œuvre et la question de l’interprétation, Global COE Program, Proceedings of the Second International Conference : Hermeneutic Study and Eduction of Textual Configuration, Textes réunis et présentés par Kazuhiro MATSUZAWA, Graduate School of Letters, Nagoya University    2009    pp.47-55.
フランス語レジュメ(PDFファイル)
« Sous le signe des ‘monstruosités’ : la Camille Maupin de Balzac et George Sand »
George Sand Studies, vol. 26    2008    pp.151-164.
「バルザック『ラ・ラブイユーズ』のタイトルをめぐる考察」、『バルザック、フローベール 作品の生成と解釈の問題』
Global COE Program「テクスト布置の解釈学的研究と教育」第2回国際研究集会報告書、松澤和宏編、名古屋大学院文学研究科    2008年    pp.53-62.
1 / 41234

HOME | PROFILE | 研究活動 | 教育活動 | 講演会・シンポジウム | BLOG | 関連サイト   PAGE TOP

© 2012 村田京子のホームページ All Rights Reserved.
Entries (RSS)

Professor Murata's site